豆まきを行なう理由|節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう

節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう

ファミリー

豆まきを行なう理由

節分

節分といえば、「鬼は外、福は内」と言いながら鬼に向かって豆をまき、家の中にも豆をなくという行事になります。その為、この日はどこの家庭も豆まきを行なって恵方巻きなどを食べて過ごすことでしょう。しかし、豆まきをどうして行なうのか知らない人もいますよね。それに、豆まきには大豆を使用するという決まりがあるのもどうしてなのか知らない人もいるでしょう。元々、豆まきは鬼祓いを行なう為に始まったと言われていることですが、現代では家の厄(鬼)を追い出して福を家に入れるという意味があります。その為、節分に行なう豆まきというのは厄災や魔を祓う為に行なうことになっています。大豆をまく理由は、何もしない状態で豆をまいてしまうと後に芽が出てしまうということや神聖な火で邪気を払う為に炒った大豆を使用するというのがあるからです。豆に関しては、神様にお供えしてから豆まきに使用するというところもあるぐらい実は重要な役割があります。

最近の豆は、まく用と食べるように分けていることが多いです。これは、衛生面を考えてこうなったのでしょう。その為、豆をまいてから年の数だけ食べる用の豆を食べる流れになっている家庭が多いです。基本的には、年の数だけ食べるとなっていますが、年よりも一つだけ多く食べると一年は風邪をひかないと言われています。今まで年の数だけだったという人は、次の節分では一つ多く食べてみてはどうでしょうか?もしかしたら本当に風邪をひかない一年になるかもしれません。お子さんとも楽しめる行事ですから、2月3日の節分の日は家族みんなで豆まきと豆を食べる、そして恵方巻きやイワシなどを食べて季節の変わり目を実感してみるといいでしょう。

Copyright© 2016 節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう All Rights Reserved.