実は一年に4日ある|節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう

節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう

ファミリー

実は一年に4日ある

家族

節分の日といえば、2月3日になります。ですが、実は節分という日は一年に4日あるのはご存知でしょうか?節分は、季節の変わり目を分ける雑節になるのですが、これはお彼岸などといった日も雑節となり節分の一つになります。季節の節目の前の日が、節分と言われている日になるので四季がある日本では4日あるということになります。では、どうして2月3日が節分の日になったのかといえば、昔の暦でいうと旧正月の前日になるからです。ですから、旧正月の前日ですから大みそかが節分ということです。この日は、立春と呼ばれており、他の季節の節目である立夏、立秋、立冬の前日も全て節分ということになります。立春がこれだけクローズアップされているのは、寒い冬から暖かい春へと季節が変わる特に喜ばしいと日だということで今でも「節分の日」は2月3日なのです。

こういったことから、今でも節分の日が近づいてくると様々なスーパーやコンビニで豆まき用と食べる用の大豆は販売されたり、恵方巻きの予約が始まったりします。少し前までは、恵方巻きは一部地域でしか食べていなかったのですが、現代ではコンビニなどが展開したことによって全国区となっています。普段食べないような巻き寿司を食べられるというのも、節分の日に恵方巻きを食べる楽しみとなっていますので、今まで意識して食べていなかったという人は次からの節分では予約して食べてみるといいでしょう。そうすることで、「意味がある行事なんだな」と実感できるようになりますし、今後も続けようと思えます。節分の日は何の日なのかを知った上で行なえば、より楽しめるようになりますのでぜひこの機会に興味を持ってみて下さい。

Copyright© 2016 節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう All Rights Reserved.