気軽に購入できる時代に|節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう

節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう

ファミリー

気軽に購入できる時代に

大豆

節分の日に食べる料理としては、恵方巻きが有名ですよね。他にも、イワシを食べることもあります。どうしてイワシなのかといえば、匂いがするものは厄祓いになると昔から考えられているからです。それに、とがっているものも厄祓いになることから山から下りてくる鬼を払う為にイワシの頭を柊にさし、それを戸口に置いておくというのがあります。これは、柊イワシとも呼ばれており、節分の日にイワシ料理を食べると風習はまだ残っているのです。他にも、旧暦では節分の日は大みそかになるのでそばを食べるという地域もあります。ですから、節分の日が近づいてくるとイワシもクローズアップされて販売されるようになりますのでチェックしてみるといいでしょう。

そして、最近コンビニや通販でも購入できる恵方巻きについてのことです。恵方巻きは、元々一部の地域でしか食べていなかった風習になるのですが、コンビニが平成10年に恵方巻きとして商品化して販売したことから全国に広がったと言われています。その為、今では節分の日は恵方巻きを食べるというのはどこの地域でも当たり前になりつつあります。ですが、どうして恵方巻きを節分に食べるのか理解していない人もいます。それに、毎年違う方向を向いて無言で恵方巻きを食べきるというのがあるのですが、これも意味が分からずに行なっている人もいるでしょう。元々恵方巻きは、七福神を意味しています。ですから、使われている具というのは7種類です。そして、食べる方向が毎年違うのはその年の恵方…これは年神様がいる方向を向くというのがあります。ですから、神様の方向に向き、恵方巻きを食べながら願いごとすると叶えてくれるというのがあります。こういった意味合いがありますので、知らなかった人は試しに行なうといいでしょう。

Copyright© 2016 節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう All Rights Reserved.