節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう

キッズ

どうして節分があるのか

親子

日本には、様々な行事ごとがあります。その中には、節分というものもありますよね。節分は、2月3日に「鬼は外、福は内」と言いながら豆まきを行なって、年の数だけ豆を食べるというのが行事の流れになります。他にも、特定の方向に向いて恵方巻きを食べたり、イワシを食べたりします。このような内容で節分の日を迎えるのですが、具体的にどういった日なのか知らない人も現代だと多いでしょう。そういった人に向けて、この日は何を意味する日なのかを紹介します。

節分とは、季節の変わり目を的確に掴む為の雑節になります。季節を分ける、節目を分けるということで「節分」という日になったのです。江戸時代からは、一年の始まりという立春の前日が旧正月と近いことから、2月3日が節分の日という日に設けられています。それに、古来より季節の変わり目というのは悪いものが生まれやすいと言われていたことから、色々なお祓いや魔よけなどといった行事を行なうようになり、その名残として豆まきが風習になっています。他にも、節分の原型というのは実は平安時代から存在していると言われており、歴史のある行事の一つとして今もこの日に豆まきなどを行なっているのです。鬼に向けて豆をまくというのも鬼祓いという意味合いがあり、室町時代の頃に山から下りてきた鬼を穴に封じ込めて目を潰す為に豆をぶつけたという故事から豆まきは始まったとされています。このように、節分の日というのはただ豆まきや恵方巻きなどを食べるということをしているわけではなくて、お祓いや魔よけといった意味があるということになります。こういったことを知っておけば、今後の節分の日は楽しめると思うので美味しい恵方巻きなどを購入して家族で楽しんでみてはどうでしょうか。

豆まきを行なう理由

節分

節分では、「鬼は外、福は内」といいながら豆まきを行ないますよね。ですが、どうしてこのようにして豆まきを行なうのか知らない人もいるでしょう。実は、この行為にはとても意味があります。意味を知った上で行えばよりこの行事を楽しめるようになるでしょう。

この記事を読む

実は一年に4日ある

家族

2月3日は、節分の日として扱われていますので、だいたいの人はこの日に豆まきしたり恵方巻きやイワシを食べたりします。ですが、実は一年間に節分というのは4日あると言われています。どうして今は一日だけになってしまったのか紹介します。

この記事を読む

気軽に購入できる時代に

大豆

節分の日の楽しみといえば、恵方巻きを食べることですよね。これを食べることが、この日の楽しみになっていますのでどこで購入するか考えるでしょう。最近では、コンビニや通販でも簡単に購入できるので、色々と評判を確認してから決めてみてはどうでしょうか?

この記事を読む

Copyright© 2016 節分は意味がある行事|起源や歴史を知っておこう All Rights Reserved.